浜松市北区の釣り好きキャンパーです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャンピングカー業界に最近は疎い生活な私です

札幌の『ノースライフ』倒産!!


ちょっとビックリ。老舗でしょ、ここって。

まあ、私的には興味のある車も無かったんですけれど、
名前は知ってましたからね~

色んな情報が錯綜しているようですが
実際にノースライフを訪れた人によれば こんな状況だった そうです。






東京商工リサーチ北海道支社は、
24日、「ノースライフ」(札幌市清田区真栄)が
今月12日に債権者から破産を申し立てられ、
20日に札幌地裁から開始決定を受けたことを明らかにした。
破算管財人は桶谷和人弁護士。負債総額は約9億円。

 同社は1981年創業、86年2月設立のキャンピングカー製作業者。
当初は中古自動車販売を目的としていたが、
89年頃からキャンピングカーの製作に特化、
専門の製作業者としてイベントなどに積極的に参加することで知名度を高めていった。

 さらに一般ユーザーのRV車の需要やアウトドア志向の高まりに加え、
オートキャンプ場などの施設の増加が追い風となり、
09年9月期には7億3269万円を売り上げた。
一方で、工場を増設するなど積極的な設備投資によって借入金が増大、
昨年12月に代表者が急逝したため、
会社の継続が困難となり今年に入って事業を停止していた。



「BNNプラス北海道365」などが伝えたところによると、
北海道札幌市のキャンピングカー・メーカー「ノースライフ」は、
1月20日付で札幌地方裁判所より
破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1981年に創業の同社は、
高い技術力からキャンピングカーメーカーとして相応の評価を得ており、
営業エリアは北海道のみならず、
イベントや展示会への出展を通じて
本州の顧客へも販売を拡大していました。

しかし、景気低迷により販売が伸び悩むと、
設備投資の借入金が資金繰りを逼迫。
さらには、2010年12月に代表者が死去したことで
対外的な信用を維持することが困難となり、
1月12日付で債権者により破産を申し立てられ今回の措置となったようです。

東京商工リサーチによると、負債総額は約9億円の見通し。








スポンサーサイト


当ブログ 『myキャンピングカーは毎日活躍中!!』のトップページを見る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。