浜松市北区の釣り好きキャンパーです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。浜松は雪は降らないものの強風で体感気温がメッチャ寒いです。

キャンピングカーの装備で冬に重宝するものの1番手はFFヒーターだと思いますが
その他は何があるでしょう・・・。

キャンピングカーオーナーの方によって車の使用形態などが
様々ですので一概には言えないと思いますが
我が家の場合は「トイレ」ですかね。
まあ、我が家は冬に限らず重宝していますが・・・・・。

我が家のキャンパーエースにはカセットトイレが装備されています。
最近のカセットトイレはトイレ専用の水タンクが付いているのだそうですが
私の車はもう15年も前のものなので
トイレの水洗用の水はメインの清水タンク(100リットルタンクです)から
供給されています。
広さも充分なトイレルームです

エントランスドアを開けると正面がトイレルームになっています。
トイレルームには洗面台も装備されていて
鏡の裏が収納棚になっていて化粧品等がしまっておけます。
シャワーも付いていてボイラーで沸かした温水を使う事ができます。
toire.jpg

トイレルームにはジェネレーターを置いたりしていますが
息子の車椅子置き場としても重宝しています。
写真の車椅子はバギータイプのもので 普通のタイプの車椅子もあるのですが
折り畳んでもトイレルームには入らないので
キャンピングカーの車内に車椅子を積んでいく時はこのバギータイプにしています。
バギータイプの車椅子です

寒い時期の夜などはP泊した所にトイレがあっても
車外に出てトイレに行くのは面倒ですよね・・・。
健常な大人ならどうってことないのですが
ハンディキャップのある人には大助かりの装備だと思います。

カセットトイレの汚物タンクは容量が20リットル程度なので
数日の泊まり予定の時などは
極力、大人は公共のトイレを使うようにしています。

トイレはあると便利なのですが
避けて通れないのが 汚物タンクの処理ですよね~。
カセットトイレの汚物タンクは車外から取り出せるようになっています。
ドアには鍵もキチンと付いています。
a-112_0857.jpg
処理をするのは私の役目です。
自宅でマンホールのフタを開けて汚物を捨てます。(あんまり想像したくないシーンですね)

汚物処理や掃除はちょっと面倒?ですが
トイレは有って良かったと思える装備です。
次のキャンピングカーもきっとトイレ付きを選ぶと思います。




スポンサーサイト


当ブログ 『myキャンピングカーは毎日活躍中!!』のトップページを見る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。